Now Reading
【発酵料理研究家Vtuber 米の為のカモシタとタチツ】家で生ハムは作れるのか?

【発酵料理研究家Vtuber 米の為のカモシタとタチツ】家で生ハムは作れるのか?

Kamoshita

米の為のカモシタは、米の谷からやってきた発酵料理研究家。
ペット(?)のタチツとともに、日々発酵料理づくりに明け暮れているのである。


前回の記事はこちら
【発酵料理研究家Vtuber 米の為のカモシタとタチツ】あの日食べたメンマの材料を僕達はまだ知らない

今日はなんだかイタリア親父な雰囲気のカモシタとタチツ。
右腕に抱えてるそれ、よく見たらクラッチバッグじゃなくて肉塊なんですけど…

チャオ!!発酵料理研究家カモシタです。

チャチャチャチャ チャチャチャオ〜!!
タチツもいるよ!!

君は発酵と腐敗の違いを知っているかい?人類に有益なのが発酵。そうじゃないのが腐敗だなんて、ざっくりした言葉でまとめることもできるけど、一度食べてみればわかったりして。

違いのわかる僕たちさ!!

少しくらい賞味期限が切れたヨーグルトは食べられるけど、1週間冷蔵庫に入れっぱなしで忘れていた100g114円の豚バラ肉は灰色で、明らかに食べられそうにないんだ。焼いたら大丈夫だろうなんて蛮勇さ。生姜焼きのタレで色と香りでごまかしても、舌が飲み込んじゃいけないと門前払いだ。

スゴいね 人体!!

それでも貧困の果てに手を出した禁断の果実は、楽園を追われたアダムとイブの如く僕らを満腹感から駆り立てる。1時間後には腹痛のゴルゴダを超え、便座に架せられる未来を覚悟しなければいけない。

3日間はリスポーン不可だぜ!!

発酵とは、適切な環境においてのみ完成する人類の叡智だと言うことを現代人も軽んじちゃいけない。その実態はご先祖様の腹痛と生死の境界を行き来した経験という圧倒的な犠牲の上にかろうじて成り立っているんだ。

犠牲になったのだ…
犠牲の犠牲にな!!

ところで、巷で熟成肉という言葉を耳にする機会が増えたんじゃないかな。熟成(エイジング)って言葉を知らない人もいると思うから、簡単にふれておくけど、これがなかなか興味深いんだ。

エイジング…?
桃井さんに聞いてみよう!!

肉の表面に付く菌達によって、肉自体がタンパク質を自己消化することで食感が柔らかく、美味しくなるということらしい。肉は腐る直前が一番うまい、そんな通説は今や昔。もはや腐る覚悟を超えた先に熟成肉の真価が眠っているのさ!

あなた…
「覚悟して来てる人」…
ですよね!!

しかし、読者諸君に残念なお知らせをしてしまうと、熟成肉は温度管理が非常に難しく家庭で生産するのはほぼ不可能ということがわかった。そもそも熟成肉の最適環境である0度を維持できる冷蔵設備なんて、ヨドバシにだって売ってないのだ。このカモシタ腐った肉を食べる程落ちぶれてはいない!!

だからオメーは
マンモーニなんだよ、
カモシタ!!

とは言えこのままでは発酵料理研究家の名折れだから、他の方法を考えた。
カモシタはギリギリ作れそうな熟成肉に変わるモノを探しに、肉のハナマサへ急いだ。そして閃いた。

栄光は… お前に…
あるぞ…!!

そうだ、生ハムをつくろう。

そして、京都に行こう!!

生ハムなら水分もぬくし、熟成肉に比べて腐敗のリスクがすくないはず。少ないはず?

Don’t think. Feel!!

【カモシタ流 生ハムのつくりかた 下ごしらえ篇】

<材料>
豚肉

胡椒




<機材>
食品用バット
ゴム手袋
リード(キッチンペーパー)
ラップ
ジップロック

ワインセラー

<工程>

1.豚肉の水分をなるべく拭きとる



2.大量の塩と胡椒をバットに用意し、豚肉にまんべんなく刷り込む



3.リードとラップでぐるぐる巻きにしてジップロックに入れる  



4.ワインセラーで1週間程度放置


5.一度取り出し、ドリップ(血)をきれいに拭きとる


6.再度大量の塩と胡椒をすり込み、ワインセラーで2週間ほど放置


そうしてできたのが、豚肉のミイラ。ファラオもびっくりな枯れ具合。

もっと腕に
シルバー巻くとかさ!!

しかし生ハムへの道のりは遠く険しい。
この後、保湿加工をして半年から一年寝かせることで、やがて生ハムになるのだ。

クリアな素肌
エスケートゥー!!

焼肉屋さんの熟成肉でも1ヶ月程度の熟成期間であることから考えると、生ハムは超熟成肉ということができるだろう。
つまり肉世界のスーパーサイヤ人ということだ。

カラダもってくれよ!!
3倍界王拳だっ!!!!

詳しくは下記の動画にまとまっているため、閲覧をおすすめしたい。

果たして生ハムは家で作れるのだろうか!!
そしてタチツの腹は大丈夫なのだろうか!!
カモシタ達の夜は、明けない!!

ガイアの夜明け!!
救世主!!
謎のネバネバ、
スニャトゥーラ!!
来週もグラッツェグラッツェ!!

米の為のカモシタに作ってほしい発酵食品のリクエストお待ちしています!
mics magazineのお問い合わせフォーム、もしくはカモシタのツイッターまで!


【発酵料理研究家Vtuber 米の為のカモシタ】

Twitter:
https://twitter.com/_kamoshita

YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCIp_ZnnHvk8C13EAxYu9iLQ

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

© 2020 mics magazine.
All Rights Reserved.

Scroll To Top